ZenFone 5Z 安く購入する方法 キャンペーンについて まとめ

スマホゲームを毎日プレイしており、今のスマホの性能が最近のゲームについていかなくなったので、遂にZenFone 5Zを購入しました。

5年近くスマホを購入していなかったので、新しいことだらけです。

特に驚いたのは、全てがサクサク動きます。スムーズに動きすぎて、今までのスマホは何だったのかと思うレベルです。

まず第1弾として、購入の際に調査した内容についてまとめていきます。

ZenFone 5Z に興味のある方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

開封レビューや、評価については、下記より参照ください。

開封レビューと評価について



発売日

2018年6月15日

定価

75,384円(税込)

購入できるところは?

SIMフリースマホということもあり、購入できる販売先は限られています。大手キャリアでは購入できませんので、MVNO先で購入するしかありません。

そこで、まずは私が購入の際に検討した販売先を紹介します。

購入先 ZenFone 5 ZenFone 5Z
ASUS SHOP
IIJmio
amazon
LinksMate
NifMo
exciteモバイル
BigLobe
DMMmobile
LINE MOBILE
楽天モバイル
U-mobile
UQmobile
mineo
Y! mobile
スマモバ

ご覧の通り、ZenFone 5 の取り扱いよりも、ZenFone 5Zの取り扱い店の方が少なくなっています。

購入できるところが限られていますし、発売したばかりということもあり、在庫切れもありますので購入の際はご注意ください。

購入金額の比較

ZenFone 5Zの購入金額を販売先ごとに比較していきます。

購入先 通常金額 割引 実質購入金額
ASUS SHOP 75,384円 Go!UPGRADE 5 ZenFone 5
買い替えキャンペーンで10%引き
67,846円
IIJmio 69,984円 Amazonギフト券5,000円分プレゼント 64,984円
amazon 74,694円 74,694円
LinksMate 75,384円 75,384円
NifMo 69,600 NifMo専用アプリ利用で1,000円引き
最大20,100円キャッシュバック
48,500円
exciteモバイル 69,984円 69,984円

※税込み金額で記載しています。実質購入金額は、最大割引額となります。

今回紹介した中では、NifMoが最安値となります。ですので、音声通話タイプのSIMを検討の方は、NifMoがおすすめです。

NifMoの場合は、音声通話タイプのSIMでないと最大の20,100円キャッシュバックにはなりません。データ通信専用の場合は、12,100円キャッシュバックとなりますので、注意してください。

どのMVNOがおすすめ?

単純にZenFone 5Zの値段だけで見るとNifMoが最安値です。ですが、条件が少し厳しく誰でも最大の20,100円キャッシュバックされるわけではありません。

また、機種代金のほかに、初期費用や、毎月の料金もかかってきますので、単純に機種代金だけで見ないほうがいいです。

  • 音声通話SIMかデータ通信SIM
  • 月々使用するデータ量
  • 初期費用

これらのことを踏まえて検討すると、自分に合った安い方法で購入することができます。

IIJmioで購入

私はいろいろと検討した結果IIJmioで買うことにしました。

各自の契約するプランによって条件が変わってきますので、ここが絶対に良いというわけではありませんが、私の場合を例として説明します。

私の購入する条件ですが、

  • データ通信専用
  • SMSなし
  • 新規契約
  • 毎月5GB使用

という条件で考えてみます。

IIJmioとNifMoで比較

2年間使用し続けるということを条件に計算します。

※計算がややこしくなるので、税抜きで計算して行きます。

IIJmio

項目 金額
初期費用 ¥1
SIMカード発行手数料 ¥394
ミニマムスタートプラン6GB(1年目) ¥10,800
ミニマムスタートプラン6GB(2年目) ¥18,240
端末価格 ¥64,800
Amazonギフト券 ¥-5,000
2年間の合計 ¥89,235
1ヶ月平均 ¥3,718

NifMo

項目 金額
初期費用 ¥3,000
ミニマムスタートプラン6GB(1年目) ¥19,200
ミニマムスタートプラン6GB(2年目) ¥19,200
端末価格 ¥64,445
キャッシュバック ¥-12,100
2年間の合計 ¥93,745
1ヶ月平均 ¥3,906

端末価格だけで見ていた場合と比べて、この条件だと、IIJmioの方が4500円ほど安くなります。

このように契約するときの条件によって2年間の合計が金額が変わってきます。

この例を参考に一度計算してみていただけると、自分に合った最安値の購入方法がわかるかと思います。

IIJMioについては下記の公式サイトから、詳細を確認ください。

まとめ

契約するプランによって、適用されるキャンペーンの割引額が変わってきますので、購入の際は詳細をしっかり確認を行うことが重要になってきます。

発売したばかりということもあり、在庫切れのお店もありますのでご注意ください。

コメントを残す