スマホ

Zenfone 5Z 開封レビューと評価 使用した感想を紹介 スマホゲームにおすすめ

ZenFone 5Zの開封レビューと評価、実際に使用した感想を紹介していきたいと思います。

購入を検討されている方の少しでも参考になればと思います。

安く購入する方法については下記を参照ください。

購入方法について

開封レビュー

それでは、実際に開封していきます。

箱の外見

まずは箱の外見ですが、真っ黒ではなく、少し青みがかった色になっています。

ZenFoneの「WE LOVE PHOTO」もしっかりと金色で印字されており、おしゃれな箱になっています。

開けるには箱の下についているシールを2か所取る必要があります。ですが、このシールを少しだけ取ってみると、後が残るみたいなので、ハサミでシールを切ることにしました。

開けるとフタがされていたので、そのフタを取ってみると、その下にZenFone 5Zの本体が入っていました。

本体は、傷がつかないように透明な袋に包まれています。持ってみると、サイズはそこそこ大きいのですが、軽くて、薄くとても持ちやすくなっていました。

さらに、箱の一番下には、付属品のACアダプターなどが入っていました。

付属品

  • USB ACアダプターセット
  • SIMイジェクトピン
  • クリアケース
  • ZenEar Pro
  • ZenEar Pro交換用イヤーピース
  • ユーザーマニュアル
  • 製品保証書

フィルム貼り

ZenFone 5Zを取り出したところで、ホコリが付く前フィルムを貼っていきます。

正直フィルム貼りはあまり得意ではありませんので、慎重に貼ります。

今回購入したのは、フチまで徹底保護というタイプのフィルムで、画面の端まで保護してくれるものです。

ZenFone関係のフィルムは、地元のヤマダ電機などの家電量販店では、販売されていなかったので、Amazonで購入しました。

中には、

  • フィルム本体
  • 気泡抜きヘラ
  • ホコリ拭き
  • 貼り方マニュアル

が付属されています。

初めはどうやって貼るのかわからなかったので、マニュアルをじっくり確認しました。貼る順番が掛かれており、難しそうに思いましたが、マニュアルを読んでみると案外簡単に貼れることがわかりました。

早速、フィルムを貼っていきますが、緊張の時です。

マニュアルを見ながら、慎重にホコリと空気が入らないように貼っていきます。

5分ほどでちゃんと貼れて完成!!

と思ったらホコリ入っていました・・・

少しだけだったので気にしないことにします。

フィルムの触り心地はとても良く、良く滑るので操作もしやすいです。

さすがのラスタバナナ性です。いつもここのメーカーのものを使用しています。

ちなみに今回購入したものは、下記の物になります。

それ以外にも違うタイプのフィルムも販売されていますので、フィルムを購入される方は、下記の記事を参考にしてください。

フィルムまとめ

SIMをセット

フィルムが貼り終わったので、次にSIMをセットしていきます。

まずは、IIJmioから送られてきた、SIMを取り出します。カードからSIMを取り外す必要があるのですが、壊れそうでちょっと怖かったです。取り外した後は、スマホに取り付けていきます。

SIMを取り付けるところは、スマホの横側になります。

SIMをセットする箇所を開けるために専用のピンが付属品として付いていますので、このピンを差し込みます。

少し強めに差し込むと、ちょっと浮きますのでそのまま引っ張り出します。ここにSIMを乗せてスマホに戻します。

※乗せる向きを間違えるとしっかりはめ込めないので、間違わないように注意しましょう。

もう一つの枠には、SDとSIMをセットすることができます。ほとんどの方は、SDをセットすることになるかと思います。

SIMを2つ以上セットする場合は、SDを使用することはできません。ただ、SDを使用しなくても、ストレージが128GBもあるので、十分かと思います。

スマホケースを被せる

SIMを取り付けたら、スマホ本体を守るためのケースを被せます。

ZenFone 5Zには専用のケースが付属されていますので、購入しなくても大丈夫です。私は、これで十分だと思ったので当分は付属されているケースを使用します。

付属されているものは、TPU系の透明なケースとなりますので、ハードタイプや、手帳タイプのケースが欲しい方はAmazonなどで検索してください。

ケースについては、下記にまとめていますので参考にしていただければと思います。

ケースまとめ

スマホ起動

スマホケースを被せたらいよいよ、起動していきます。

右側に電源ボタンがありますので、長押しで起動します。

この時点でバッテリーは約60%ありましたのでこれだけあれば、初期設定中は十分持ちそうです。

起動すると「ようこそ」と表示され、手元に新しくZenFone 5Zが届いたことを実感します。

いろいろと設定が必要ですが、とりあえずは、ネットの設定とGoogleのアカウントを設定すれば、他の設定は後回しでもいいでしょう。

その他に設定をしなければと思ったのですが、特殊な設定も必要なく、このまま使用することができました。SIMの設定も不要だったので、簡単に初期設定が終わってしまいました。

後は、使用するアプリをGoogle Playからダウンロードすれば、元のスマホのように使えるようになります。

新しく買ったスマホにもかかわらず、初期設定をほとんどすることなく、スムーズに使えるのはありがたいですね。

評価レビュー

実際に触ってみての評価をレビューしていきます。

AnTuTuで性能測定

初期設定も終わりましたので、次にZenFone 5Zの実力を測定していきます。

Snapdragon 845を積んでいるということで、高い性能が期待されます。

測定方法としては、有名なAnTuTuを使用します。

AIブーストという機能がありますので、ブーストありなしの2パターンで測定します。

総合スコア(AIブーストなし)

 

265367

項目 スコア
CPU 91358
GPU 107248
UX 57688
MEM 9073

総合スコア(AIブーストあり)

 

270231

項目 スコア
CPU 92609
GPU 107038
UX 59277
MEM 11307

ブーストありなしどちらともかなり高いスコアになります。

スコアランキングで1位という驚異的なスコアで、高性能なスマホという証明ができました。

Webサイトの閲覧や、スマホゲームをしてもほとんど遅延もなく、スムーズにサクサク動くのには驚かされます。

AIブーストを使用すると少し、スコアが上がりますが、普段使用では、ブーストなしでも十分かと思います。

電池持ち

購入するときに非常に気になる電池持ちについて紹介します。

まだ、購入してから数日しか経っていないため、完全な検証ができていませんが、普通に使用するうえでは、十分な電池持ちを実現しています。

バッテリー容量としては、3,300mAhあります。最近のスマホとしては、標準的な容量です。

主な電池持ちを悪くする要因としては、

  • 性能の良さ
  • 画面の大きさ

などがあります。

特に、画面が大きくなったことで、より電池の消耗が多くなったのではないかと、想像しておられる方もいると思います。

では、実際にどの程度、電池が持ったのかを紹介します。

まずは、今回の測定した環境ですが、

条件は、

  • 輝度は一番低く設定
  • AIブーストはなし

操作は、

  • Webサイト閲覧
  • スマホゲームを少し
  • 色々な設定を確認
  • アプリをダウンロード

となります。スマホゲームはあまりしていない状態での測定となります。

ちなみに移動中や、休み時間、家などで暇があればスマホを触っています。ただし、前のスマホも残っているためそっちも触りつつの検証となりますので、実際には普段よりも触っている時間は少ないように思います。

では、電池がどれだけ持ったか結果を記載します。

21日の朝、100%の状態からスタートです。

  1. 21日の朝7時で93%、あと約15時間
  2. 21日の昼12時で83%、あと約1日8時間
    この段階で残り時間が1日以上となっており、まだまだ持ちそうです。
  3. 22日の朝6時で64%、あと約1日19時間
    残りの時間がさらに増えました。睡眠中は一切触っていなかったのが要因だと思われます。
  4. 22日の夜21時で19%、あと約1日15時間16分前
    残り時間がさらに増えました・・・
    20%を下回ったのでここで充電しました。

結論、普通に使用しただけだと、2日程度持つことがわかりました。

ただ、今回はスマホゲームをほとんどしていない状態ですので、2日もバッテリーが持ったのだと思います。

これだけ、電池が持ったのであれば、おそらくスマホゲームをしても1日持つように思います。

スマホゲームをし続けた場合は、一日も持たないと思いますが、それでも充電が非常に速いので、それほど苦にならないと思います。

発熱の状態は

スマホゲームなどをしている時のスマホの発熱ですが、ほとんど気になりませんでした。

AnTuTuを使用している時は、43度程度まで上がりましたが、Webサイト閲覧中やスマホゲーム中は、35度程度でした。

3D系のスマホゲームはしていませんが、おそらく40度前後になると予想されます。

スリープ状態から起動した場合は27度程度となっています。

数日使った感じでは、発熱はほとんど気になりませんでした。

まとめ

普段使いをするなら十分すぎる高性能なスマホとなっており、スマホゲームをプレイする上でも非常に高性能ですので、カクついたりすることもなく、非常にサクサクゲームをすることができます。

この性能でこの価格ならば、非常に安く納得できるスマホとなっています。大手キャリアでこの性能のスマホを購入すると10万しますので、非常にコスパの良いスマホと言えるでしょう。

2年以上は、このスマホを使っていきたいと思っていますので、大事に使用していきます。

ZenFone 5Z 安く購入する方法 キャンペーンについて まとめ

スマホゲームを毎日プレイしており、今のスマホの性能が最近のゲームについていかなくなったので、遂にZenFone 5Zを購入しました。

5年近くスマホを購入していなかったので、新しいことだらけです。

特に驚いたのは、全てがサクサク動きます。スムーズに動きすぎて、今までのスマホは何だったのかと思うレベルです。

まず第1弾として、購入の際に調査した内容についてまとめていきます。

ZenFone 5Z に興味のある方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

開封レビューや、評価については、下記より参照ください。

開封レビューと評価について

発売日

2018年6月15日

定価

75,384円(税込)

購入できるところは?

SIMフリースマホということもあり、購入できる販売先は限られています。大手キャリアでは購入できませんので、MVNO先で購入するしかありません。

そこで、まずは私が購入の際に検討した販売先を紹介します。

購入先 ZenFone 5 ZenFone 5Z
ASUS SHOP
IIJmio
amazon
LinksMate
NifMo
exciteモバイル
BigLobe
DMMmobile
LINE MOBILE
楽天モバイル
U-mobile
UQmobile
mineo
Y! mobile
スマモバ

ご覧の通り、ZenFone 5 の取り扱いよりも、ZenFone 5Zの取り扱い店の方が少なくなっています。

購入できるところが限られていますし、発売したばかりということもあり、在庫切れもありますので購入の際はご注意ください。

購入金額の比較

ZenFone 5Zの購入金額を販売先ごとに比較していきます。

購入先 通常金額 割引 実質購入金額
ASUS SHOP 75,384円 Go!UPGRADE 5 ZenFone 5
買い替えキャンペーンで10%引き
67,846円
IIJmio 69,984円 Amazonギフト券5,000円分プレゼント 64,984円
amazon 74,694円 74,694円
LinksMate 75,384円 75,384円
NifMo 69,600 NifMo専用アプリ利用で1,000円引き
最大20,100円キャッシュバック
48,500円
exciteモバイル 69,984円 69,984円

※税込み金額で記載しています。実質購入金額は、最大割引額となります。

今回紹介した中では、NifMoが最安値となります。ですので、音声通話タイプのSIMを検討の方は、NifMoがおすすめです。

NifMoの場合は、音声通話タイプのSIMでないと最大の20,100円キャッシュバックにはなりません。データ通信専用の場合は、12,100円キャッシュバックとなりますので、注意してください。

どのMVNOがおすすめ?

単純にZenFone 5Zの値段だけで見るとNifMoが最安値です。ですが、条件が少し厳しく誰でも最大の20,100円キャッシュバックされるわけではありません。

また、機種代金のほかに、初期費用や、毎月の料金もかかってきますので、単純に機種代金だけで見ないほうがいいです。

  • 音声通話SIMかデータ通信SIM
  • 月々使用するデータ量
  • 初期費用

これらのことを踏まえて検討すると、自分に合った安い方法で購入することができます。

IIJmioで購入

私はいろいろと検討した結果IIJmioで買うことにしました。

各自の契約するプランによって条件が変わってきますので、ここが絶対に良いというわけではありませんが、私の場合を例として説明します。

私の購入する条件ですが、

  • データ通信専用
  • SMSなし
  • 新規契約
  • 毎月5GB使用

という条件で考えてみます。

IIJmioとNifMoで比較

2年間使用し続けるということを条件に計算します。

※計算がややこしくなるので、税抜きで計算して行きます。

IIJmio

項目 金額
初期費用 ¥1
SIMカード発行手数料 ¥394
ミニマムスタートプラン6GB(1年目) ¥10,800
ミニマムスタートプラン6GB(2年目) ¥18,240
端末価格 ¥64,800
Amazonギフト券 ¥-5,000
2年間の合計 ¥89,235
1ヶ月平均 ¥3,718

NifMo

項目 金額
初期費用 ¥3,000
ミニマムスタートプラン6GB(1年目) ¥19,200
ミニマムスタートプラン6GB(2年目) ¥19,200
端末価格 ¥64,445
キャッシュバック ¥-12,100
2年間の合計 ¥93,745
1ヶ月平均 ¥3,906

端末価格だけで見ていた場合と比べて、この条件だと、IIJmioの方が4500円ほど安くなります。

このように契約するときの条件によって2年間の合計が金額が変わってきます。

この例を参考に一度計算してみていただけると、自分に合った最安値の購入方法がわかるかと思います。

IIJMioについては下記の公式サイトから、詳細を確認ください。

まとめ

契約するプランによって、適用されるキャンペーンの割引額が変わってきますので、購入の際は詳細をしっかり確認を行うことが重要になってきます。

発売したばかりということもあり、在庫切れのお店もありますのでご注意ください。

zenfone5z おすすめケース まとめ

ZenFone 5Z のケースを紹介します。

購入の時に注意していただきたいのは、ZenFone 5Z購入時に付属品としてクリアケースが付いています。

ですので、重複しないよう付属品のケースが合わなかった方のみ購入しましょう。

ちなみに、付属しているクリアケースは、少し柔らかめの透明のケースになります。はっきりとは分かりませんが、TPUかシリコンのケースだと思われます。

※購入の際は、必ず商品の詳細をよく読みZenFone5Zに対応しているか間違いがないようご確認ください。

保護フィルムについては下記にまとめています。

保護フィルムはこちらから

ZenFone 5Z ケース

TPU、シリコンケース

少し柔らめのケースになります。

私は普段から、このTPU素材のやわらかいケースを愛用しています。

ハードケース

固めのケースになります。柔らかいケースが苦手な方におすすめです。

手帳型ケース

手帳型ケースにはポケットが付いているものがあり、スマホと一緒に他のカードを持ち歩きたい人におすすめです。

また、スタンド機能が付いているものは、横向きに立てながらテレビのように見ることができます。YouTubeなどの動画を見るときに便利です。

 

zenfone5z おすすめ保護フィルム まとめ

スマホを購入したら液晶の保護フィルムを購入する方も多いかと思います。

今回は、ZenFone 5Z のフィルムについてまとめましたので、参考にしていただければと思います。

無印のZenFone5とZenFone 5Z のフィルムは基本的に共通ですので、どちらの機種でも使用可能です。

※対応機種やフィルムの詳細については商品ページに詳しく記載されていると思いますので、必ずご確認ください。

ケースについては下記にまとめています。

ケースはこちらから

フィルム選びのポイント

  • 平面・曲面までどこまで保護するか?
  • 普通のフィルム、ガラスフィルムどちらか?
  • フィルムを貼る難易度は?
  • メーカーの信頼性は?

このポイントを踏まえてフィルムを購入しましょう。

フィルム紹介

平面のみ保護

平面のみを保護するフィルムとなります。

端の曲面部分は保護してくれませんのでご注意ください。

曲面まで保護

液晶の端は曲面となっているため、普通のフィルムではカバーしきれていません。

そこで、端の曲面まで保護してくれるフィルムを紹介します。

ちなみに、私はラスタバナナの曲面まで保護してくれるフィルムを購入予定です。

※曲面まで保護するタイプのフィルムは、商品説明の欄にフィルムを貼る難易度が「やや上級者向け」と記載されているものもありますので、貼る自身のない方は、注意してください。

  ガラス

ガラス製のフィルムになります。

ガラスが好きな方はこちらを購入しましょう。

ただ、平面のみの保護となっていますので、購入の際は商品詳細をよくご確認ください。

スマホゲームの課金額を増やす!格安SIMとSIMフリースマホのおすすめ

沢山のスマホゲームを毎日されている方も多いと思いますが、毎月の高額なスマホの支払いのため、スマホゲームに課金する金額も少なくなり、困っている方もいるのではないでしょうか。

少しでも毎月の高額な支払いを削減することができたら、その分をスマホゲームに課金することができます。

そこで、今回ここでおすすめしたいのは、格安SIMを使用することです。 続きを読む