【にゃんこ大戦争】脆弱性と弱酸性 レジェンドストーリー 攻略解説

にゃんこ大戦争-準備画像

にゃんこ大戦争
レジェンドストーリー 脆弱性と弱酸性
攻略を解説していきます。



せめてネコらしく

統率力 100
難易度 極ムズ
ドロップ報酬 XP+190,000をまれに獲得できます。(1回だけ)
おかめはちもく×1を奇跡的に獲得できます。(何回でも)
出現する敵 メタルサイボーグカ・ンガリュナカイくん
ブラッゴリシャドウボクサー天使ガブリエル
天使ゴンザレスエリザベス56世ハサミーマン

それぞれの敵が多く出てくるので、
各属性に対する対策を行いましょう。

まず、メタルサイボーグ用にクリティカル持ちのキャラを
編成しましょう。

次に、ゴリラ系の敵の突破力が非常に高いので、
黒い敵、天使対策を行いましょう。

これでこのステージの半分はクリアできます。

最後にエイリアン系の敵が大量に出てきます。
エリザベスが波動を放ってくるので、
波動無効キャラを編成するといいでしょう。

それぞれの属性に対して対策をすることで、
クリア率が上がりますので、
しっかり対策を行いましょう。

円卓の騎士

統率力 105
難易度 極ムズ
ドロップ報酬 XP+190,500をまれに獲得できます。(1回だけ)
スピードアップ×1を奇跡的に獲得できます。(何回でも)
出現する敵 カオル君赤羅我王カヲルさん
メタルカオル君

各種の顔系の敵が出てきます。

基本的に各属性の対策を行いましょう。

メタルカオル君に対して、
クリティカル持ちのキャラが必須です。

メタルカオル君を倒すことができれば、
クリア可能なステージとなっていますので、
十分に対策を行いましょう。

おにゃんこカタルシス

統率力 105
難易度 極ムズ
ドロップ報酬 XP+190,500をまれに獲得できます。(1回だけ)
ニャンピュータ×1を奇跡的に獲得できます。(何回でも)
出現する敵 悪の帝王ニャンダムクロサワ監督ギャラクシーニャンダム
コアラッキョバトルコアラッキョ

波動を放つ敵が出てきますので、
対策を行っていきましょう。

特にバトルコアラッキョは確実に波動を
放ってきますので、
波動無効か、赤い敵対策を必ず行いましょう。

後方から、ニャンダム達が攻撃してきますが、
攻撃速度もそれほど早くないので、
最後にまとめて倒す程度でいいとでしょう。

美しい終わり

統率力 110
難易度 極ムズ
ドロップ報酬 XP+209,000をまれに獲得できます。(1回だけ)
スピードアップ×1を奇跡的に獲得できます。(何回でも)
出現する敵 まゆげどりド鳩・サブ・レー天使ガブリエル
デカメガネルツバメンズキョセーヌ
マンボーグ鈴木

敵の構成のバランスがとれているステージです。

すぐにキャラを編成して、
マンボーグ鈴木を敵城の近くから、
進ませないようにします。

他の敵もどんどんでてきますので、
押されないように注意する必要があります。

キョセーヌが出てきてからが本番で、
波動を放ってきますので、
前線が崩れてしまいます。

キョセーヌを数体倒すことができれば、
クリアて見えてきますので、
ここを乗り越えましょう。

前線の敵を倒した後に、
マンボーグ鈴木を倒していきましょう。

悪夢からの覚醒

統率力 115
難易度 極ムズ
ドロップ報酬 XP+218,500をまれに獲得できます。(1回だけ)
ネコボン×1を奇跡的に獲得できます。(何回でも)
出現する敵 わんこにょろ例のヤツ
パラサイトブンブンリッスントゥミーブラックブンブン
ワニック赤井ブン太郎ぶんぶん先生

ぶんぶん先生系の敵が出てきます。

各属性の対策が必要となってきます。

おすすめなのが、共通属性の浮いてる敵対策です。

浮いてる敵に対して強いキャラもたくさんしますので、
多めに編成するといいでしょう。

おぼえたての愛

統率力 140
難易度 極ムズ
ドロップ報酬 ネコずきんミーニャごくまれに獲得できます。(1回だけ)
XP+266,000を奇跡的に獲得できます。(何回でも)
出現する敵 リッスントゥミー例のヤツわんこずきんミーニャ
ハイ・エナジーはぐれたヤツマンボーグ鈴木
殺意のわんこ松 黒蔵ツバメンズ
ブラックマ

超範囲攻撃のわんこずきんミーニャが
出てくるステージです。

非常に射程が長いので、
近づけすぎると直接城を攻撃されてしまいます。

そのため、一定以上近づかれないように
注意する必要があります。

特に、ハイ・エナジーが強くて倒すのに、
時間がかかるため、押されてしまいます。

素早く、ハイ・エナジーを倒してしまうことが、
クリアにつながります。

ミーニャに広範囲の攻撃に常に注意しつつ、
周りの敵を倒して、隙があれば、ミーニャに
攻撃するといったことを繰り返して
倒していきましょう。

コメントを残す