【にゃんこ大戦争】超極ゲリラ経験値にゃ! 経験は至高の味 超極ムズ 攻略解説

超極ゲリラ経験値にゃ! 経験は至高の味 超極ムズ の
攻略方法を解説していきます。

経験値効率の比較はこちら
経験値効率比較へ

超極ムズのステージだけあって、
非常に難しいステージになっています。

黒い敵のみとなっており、
対策はしやすいかと思います。

勝てる見込みがある場合は、
アイテムのおかめはちもく
忘れずに使用してください。

私はクリア時に忘れたのを
気づきました^^;

今のところ、このステージは、
イベントがある時にしか出てきません。

ステージが出現したときは、
ぜひ攻略を目指してください。

ドロップアイテムは、

  • 2,030,000(1回のみ)
  • 1,020,000
  • 510,000

となっており、
クリア時の経験値と
合わせると、非常に効率のいいステージとなります。

トレジャーレーダーに余裕がある方は、
使用しても良いと思います♪



攻略の概要・ポイント

クロサワ監督はそれほど強くありませんが、
その周りの敵が非常に厄介です。

イノワール単体の場合、
ネコボンバー圧倒的な効果
何もさせることなく倒すことができます

ただ、イノワールの突破力と
タッちゃんの遠距離攻撃が重なると
手に負えないほど強いです。

タッちゃんの攻撃範囲が広いため、
ネコボンバーが倒されてしまい、
効果を発揮しずらくなります。

その結果、イノワールに前線を
崩されてしまいます。

このコンボをいかにスムーズに
崩せるかが攻略のポイントとなります。

運よくタッちゃんが出る前に、
イノワールを3体とも素早く倒すことができると、
攻略は非常に簡単になります。

・敵のコンボを崩す
・黒い敵対策を徹底的にする
・タッちゃんが出る前に、イノワールを倒す

キャラクター編成

持っている黒い敵対策用のキャラクターを
徹底的に編成してください。

特に、ネコボンバー
必須といっても過言ではないです。

ゲリラ経験値ステージで
いつもお世話になっている、
チビガウガウは敵の攻撃力が高すぎて、
あまり役に立ちませんでした。

また、壁役は4体ほど必要です。

壁3体ではクリアできず、
ネコキョンシー追加後、
攻略することができました。

No キャラクター レベル 役割
1 おかめの水博士 14 経験値アップ用
2 かさじぞう 40 攻撃用
3 飛翔の武神・真田幸村 30 攻撃用
4 猛牛の武神・武田信玄 30 攻撃用
5 メガロディーテ 30+1 攻撃用
6 大狂乱のネコモヒカン 30 壁用
7 大狂乱のゴムネコ 30 壁用
8 ネコキョンシー 40+5 壁用
9 チビガウガウ 33 壁用
10 ネコボンバー 40 特殊効果用

敵キャラクター

敵キャラクター 属性
殺意のわんこ 黒い敵
ブラッゴリ 黒い敵
シャドウボクサー 黒い敵
ブラッコ 黒い敵
タッちゃん 黒い敵
イノワール 黒い敵
クロサワ監督 黒い敵

ステージ攻略手順

1.お財布レベルを上げる

殺意のわんこが出てきますので、
ここで、お財布レベルと、お金を貯めていきます。

次に、ブラッゴリが出てきます。

このあたりで、ネコボンバーも生産し、
前線を安定させていきます。

ブラッゴリの攻撃に耐えていると、
後ろから、シャドウボクサーがでてきます。

前線に敵が貯まってきますので、
攻撃役のキャラクターを生産し、
少しずつ倒していきます。

進軍と同時に高コストのキャラクターも
生産していきます。

ネコボンバーは常に生産し続けて、
前線に溜めることを意識してください。

2.敵が大量出現!!

クロサワ監督を筆頭に、
敵が大量に出現します。

ここでの強敵は、
クロサワ監督ではなく、
イノワールになります。

イノワールを止めることができないと、
攻略は厳しいです。

3.イノワールの動きを止める

ネコボンバーの特殊効果で、
イノワールの動きを止めます

動きを止める特殊効果のおかげで、
イノワールは何もできず、
簡単に倒すことができます。

ガチャのキャラクターを含めても、
黒い敵対策の中ではトップクラスに優秀です。

4.タッちゃん登場

しばらくすると、タッちゃんが登場します。

(運が良いと、タッちゃんの出現が遅く、
イノワールと重ならない場合もあります。)

このタッちゃんとイノワールが重なると、
非常に厳しい戦いになります

前線が一気に崩されて、
ステージの半分以上、押し込まれました。

イノワールを3体倒すと
出てこなくなるので、
急いで倒します。

倒すことができたら、
ほぼ攻略できたと思っていいと思います。

後は、残ったタッちゃんを倒し、

次に、クロサワ監督を倒していきます。

後は、敵城の体力を0にして勝利です。

 

コメントを残す